新店舗の記事の書き方

新商品の記事のテンプレートですが

新規開店の店舗に関するネタ記事

についての記事の書き方をまとめています。

例えば

話題のグルメのお店の新規開店情報や、ファーストフード・カフェなどの新規開店ネタを記事にしていく時に使います。

 

タイトルと見出しに使用するキーワード(単語)

 

まずはタイトルと見出しを作る際に使うキーワード(単語)を9個紹介します。

開店日 混雑状況 待ち時間
メニュー 店舗 予約
行列 アクセス 営業時間

この9個の単語を全て使うわけでは無く、記事によってこの9個の中から選んでもらいます

実際に単語を選んでどんなタイトルや見出しを付けるのかは次に解説します

 

キーワードを組み合わせてタイトルを作成する

 

新店舗系の記事のタイトルを作る時は、

タイトルの先頭に必ず【地名+店舗名】をメインキーワードとして使用し、先ほどの12個のキーワードの中から2~3個選んで記事のタイトルを32文字以内で作ります。

…と言っても、どんなタイトルにしたらいいのか?イメージしにくと思いますのので、タイトルの参考例をご紹介しますね↓

 

・地名+店舗名+開店日はいつ?営業時間・アクセス方法も調査!
・地名+店舗名+混雑状況は?待ち時間と行列情報も!
・地名+店舗名+メニューのおすすめはコレ!口コミも紹介
・地名+店舗名+店舗は他にもある?アクセス方法と営業時間は
・地名+店舗名+予約はできる?できない場合の待ち時間も調査!
・地名+店舗名+アクセス方法と駐車場情報!混雑状況も紹介!
・地名+店舗名+行列ができてるって本当?待ち時間も調査
・地名+店舗名+営業時間は?混雑している時間帯は何時頃?

このように定番キーワードの中から語句を組み合わせて、記事にするネタ(新店舗)に対する、あなたが書きたい記事ネタのタイトルを作っていきます。

タイトルを作る時のポイントは、自分だったらこの商品を見た時にどんなことが気になるかな?と考えてみることです。

難しく考えなくても大丈夫ですよ

新規開店のお店の混雑状況が気になるな…と思ったら混雑状況・待ち時間などのタイトル。
新規開店のお店の予約ができるか気になるな…と思ったら予約方法や料金などのタイトル。

このように、直感で定番キーワードの中から2~3つキーワードを選んで組み合わせてタイトルを作りましょう。

 

見出しの作り方

 

タイトルが作れたら、次に見出し1と見出し2を作ります。

見出しの作り方はとても簡単です。

先に作ったタイトルを2つに分割して、見出し1と見出し2に分けるだけです。

【参考例】
地名+店舗名+開店日はいつ?営業時間・アクセス方法も調査!
というタイトルの場合…

見出し1:地名+店舗名+開店日はいつ?
見出し2:店舗名+営業時間とアクセス方法

このように最初に作った記事タイトルを前半と後半の2つに分割し、見出し1・2として使用していきます。

さらに記事の内容を濃くするために以下のように一工夫してもOKです

見出し1:地名+店舗名+開店日はいつ?お店の内装はどんな感じ?
見出し2:店舗名+営業時間とアクセス方法!駐車場は何台止めれる?

みたいに後ろに書き足したい内容をプラスして見出しを作っても大丈夫です

また12個の単語から追加で選んで新しく見出し3を作って書いてもOkです!

 

記事の書き方テンプレート

 

タイトルと見出しが決まったら、以下のように記事テンプレートに当てはめて記載願います

1記事最低でも1500文字

契約では2000文字なので、2000文字目指して書いて頂きたいです。

 

記事タイトル:
【地名+店舗名】+上記の定番キーワードから2~3つを選んで32文字以内でタイトルを作成します。

導入文
タイトルに沿った内容が書かれていることが分かる内容を、簡潔に250文字程度で書きます

(例文)

20〇〇年○月に、(地名)に(店舗名)がオープン予定ですが、開店日は○月○日と決定しました!

(店舗名)は人気のエリア(地名)にオープンするということもあり、早くも「混雑して行列ができるのでは!?」とSNSでも話題になっていますね!

今回の記事では、(地名)(店舗名)の開店日と混雑・行列予想についてご紹介していくので参考にしてくださいね。

見出し1:地名+店舗名+キーワード1
タイトルに使用したキーワードを2つに分割して、前半の1つのキーワードについて詳しく説明します。(500文字程度)

内容に沿ってネタ元サイトやGoogleなどで必要な情報を集めて記事にしていきます。

見出し1:店舗名+混雑状況は?空いている狙い目の時間帯も紹介♪

という見出しの記事を例とすると、検索ユーザーが真っ先に知りたいことは「新規開店したお店の混雑状況はどうなのかな?」となるので、まず先に新規開店したお店の混雑状況について書いて検索ユーザー疑問を解決することが大切です。

そしてその次に、「絶対食べたいおすすめポイント」について書き加えて、見出しの項目の文字数を500文字程度に書き足していきます。

この書き足す部分は難しく感じてしまうかもしれませんが、狙っていくキーワード外の内容なので全く難しく考えなくて大丈夫ですよ。あくまで自分が感じること、思ったことを、自分の言葉に置き換えて書き加えていくだでOKです!

また、見出し1.2の記事に文章ばかりでつまらない記事だな…と感じた時は、Twitterで該当の商品の画像やコメントを引用して掲載すると、よりリアリティのある記事にすることができますよ!

 

見出し2:新商品名+キーワード2
タイトルに使用したキーワードを2つに分割して、後半の1つのキーワードについて詳しく説明します。(500文字程度)

見出し1と同様

 

見出し3:新商品名+キーワード3

追加で気になった単語を組み合わせて見出しを追加し説明します。(500文字程度)

このようにもし、書く内容少なくて文字数が足りない場合は、先にご紹介した「定番キーワード」からもう1つキーワードを追加して、見出し3を作ってもOKです

まとめ
文章全体を250文字程度に簡潔にまとめます。

その上で、記事を書いた新店舗に対して自分が実際に感じたこと(いいと思った点、マイナスに感じた点)も書き加えると、よりオリジナリティのある魅力的なまとめ文になります

 

参考記事一覧

 

この方法に似ている感じで書いている記事をいくつかピックアップしたので参考にして下さい

アクアリウムカフェの新店舗の記事

ビュッフェ新店舗の記事

記事内容な構成など参考にしてください。